安全安心なインターネット利用のための地域連携協働体制の構築

趣旨

スマートフォンやゲーム機、アイポッドタッチ、タブレットなどの情報機器を未熟で多感な子供たちが利用することにより、いじめ問題はもとより、社会を騒がすような重大な犯罪に発展する事例や、過去に行った問題行動の情報発信により進学や就職が取り消されるなど、今後の人生に大きな障害となる事例も増え、深刻な状況であることは言うまでもない。 それら問題の原因は、学びや経験が大きく不足している無自覚で無意識による情報発信や、他者とのコミュニケーション能力不足など、子供たちによるものも多いが、併せて情報環境の急激な変化と複雑化による保護者など大人の理解不足や対応の遅れが大きな原因である。そこで、子供たちの情報環境に関わる事業者や養護教諭やNPOなど多様な主体の参加による実行委員会を組織し、学校・家庭・地域で子どもを指導する立場にある教職員や保護者や地域住民に加え、未就学児の保護者や保育者も対象に、子どもを取り巻くインターネット環境や、いじめ・ネット依存・リベンジポルノなど最新のトラブル事例など学ぶ「ネット安全安心啓発講座」を実施し、実行委員が協働して講師や助言者を担当する。さらに、講座受講者のうちからPTA役員などを対象にした、トラブル未然防止策やフィルタリング普及啓発の実践方法などステップアップした内容を学ぶ「メディアリテラシー指導員養成講座」を2回連続講座として実施する。併せて、実行委員会では、各委員の活動や調査で得られた当事者の不安や戸惑いなどの情報やノウハウ、講師を担当した各講座で得られた多様な課題や経験を集約し、効果的な地域体制つくりを検討する。 また、その結果を委員のみならず広く市民と共有するためのフォーラムを開催するとともに、事業結果をとりまとめた事業報告書を啓発活動の資料として作成し、学校等へ配布することで、啓発活動の継続と普及を図る。子供たちの情報環境に関わる多様な主体の参加による実行委員会が、主体的に能動的に連携協働することにより大人の学びを支援し、それぞれの活動をさらに活性化させ、子供たちが安心安全にインターネットを利活用できる地域体制の構築を目指す。

概要

1.ネット安全安心講座

実行委員が協働して講師や助言者を担当し、教職員や保護者や地域住民、未就学児の保護者や保育者などを対象に、子どもを取り巻くインターネット環境や、いじめ・ネット依存・リベンジポルノなどトラブル事例の最新情報を学ぶ「ネット安全安心啓発講座」を実施する。

2.メディアリテラシー指導員養成講座

ネット安全安心講座受講者のうち、PTA役員などを対象に10名程度を抽出し、トラブル未然防止策やフィルタリング普及啓発の実践方法などステップアップした内容を学ぶ「メディアリテラシー指導員養成講座」(2回連続講座)を実施する。

3.フォーラム

実行委員会で集約した情報やノウハウ、多様な課題や経験を集約し、広く市民と共有するためのフォーラムを開催し、市民とともに効果的な地域体制つくりを検討する。

4.実行委員会

浜松市PTA連絡協議会、浜松市教育委員会、青少年育成センター、警察、養護教諭、保育士、事業者などの関係者が集まり、講座講師の選定や内容の検討調整、事業の効果検証や評価、課題抽出などを行う。また、各委員の活動や調査で得られた当事者の不安や戸惑いなどの情報やノウハウ、講師を担当した各講座で得られた多様な課題や経験を集約し、効果的な地域体制つくりを検討する。

NPO法人
浜松子どもと

メディアリテラシー研究所

 

住所

〒432-8014

静岡県浜松市中区鹿谷町36-24

電話 080-6357-5497

FAX番号 053-471-6377

E-mail meriken.npo@gmail.com

安心ネットづくり促進協議会
考えよう家族みんなでスマホのルール